全道のつどい 参加してきました 2日目

前回(http://www.kokanet.org/archives/987)の続きです。
全道のつどい2日目は、午前中が講演、午後から分科会という構成。

講演は、北大大学院教育学研究員・准教授の加藤弘通さんによる『今、あらためて不登校を考える ~発達障碍という視点から関わりの選択肢を広げる~』という演題のもの。
タイトルどおり発達障碍がテーマ。
不登校のイベントということで、発達障碍によって学校に行けなくなった子どもに対する支援をどう考えるか?という切り口での話だったと思うのですが、そもそも「発達」って何?というところを理解することで、個々人の発達の違いによるグラデーションを想像できるようになり、結果として「子どもとの関わり方の選択肢が増えるようになる」というのが正確な内容だったかと。
すべての子どもに対応できる「正解」を知るのではなく(そもそも存在しません)、「間違ったことをしない」ことで致命的な失敗を防ぐという観点。
これは現実的な話になるなーと思い、安心して聞く態勢になることができました。

個々人の発達の違いを知ることが、個々の子どもに対して誤った対応をしない基本となります。
それにあたっては様々な手法があるわけですが、特別な資格を必要とせず誰もができることが「見方を変える」ことだと加藤さんは言います。
「できないところ」より「できているところ」を見る、「なぜ」より「なに」を考える、「問題を分けて」考えるといったキーワードが提示されましたが、どれも着眼点を変えるものばかりです。
相応の慣れは必要かもしれませんが、たしかに資格は必要ない。

パニック障害により落ち着いた行動がとれない、不登校状態で学校に行けない。
どれも一般的な価値基準では、その人すべてに対してマイナスの判断をしてしまいがちです。
でも細かく(問題を切り分けて)見ていくと、問題なくできていること、場合によっては平均以上にできているものが分かる場合もある。
学校には行けないけど、わりと朝早く起きられるとか、お使いには行ってくれるとか、暇つぶしで描いてる絵が神がかってるくらい上手いとか、手伝いで作ってくれた昼食の味付けが絶妙とか、いろいろ。
そういう部分に着目して、そこをふくらませていくことで、できないことを克服するよりも道が開ける可能性はある。
講演では『錯視』についても触れて(2本の平行線に斜め線を加えると平行に見えなくなる的なもの)、人間がありのままを判別できているわけではないことの例として説明していました。
見方を変えることでパッと見では判断できなかったことを認識できるようになること。
それが発達障碍の支援を考えるときに、間違った選択をとらないための有効手段となる。
「人それぞれ」であることをまず理解するには、様々な人を知るところから始めるしかないということにもなりますでしょうかね。

午後からの分科会は、「小・中学生の不登校」、「高校・大学生以降の不登校」、「福祉・医療とのかかわり」、「就労・自立支援」、「青年のつどい」、「青年・大人の語らい」の6つに分かれていました。
「青年のつどい」は青年のみの参加ということだったので、他に5つにメンバーが分かれて参加してきました。
自分は「就労・自立支援」に出席。
本業に関わる分野なのでそちらの話をしつつ、就労・自立というのは個人の能力以上に社会の変化の影響を受けやすいものなので、そちらへの理解と情報収集が必須であり、同時に就労できない理由をすべて個人の能力の無さに理由付けしなくていいことを伝えました。
他の分科会については今後、例会や親の会などで参加者から話を聞くことができるでしょう。

こんな感じで2日間の日程が終りました。
全道の名に恥じず、得られるものの密度が濃い集まりだったと思います。
いつか苫小牧で開催されるようになればいいですが、さてどうなりますか。(藤井)