小樽文学館イラスト展に出展します

苫小牧から遠く離れた小樽に小樽文学館というところがありまして。こちらで9月5日から11月3日まで『イラストレーター作品と同人誌展(仮称)』という展覧会が開催されます。

イラストレーター作品と同人誌展(仮称) ホームページhttp://otarubungakusha.com/info/2015081920

この展覧会は『小樽アニメパーティ』(9月5日・6日開催)というイベントと連動した企画でもあります。http://otaru-anime.com/irast/

この展覧会の企画・運営にわたくし(藤井)がお手伝いとして関わっておりまして。藤井からの提案でアニメパーティ枠とは別に、文学館オリジナル枠として「アニメ系イラストを社会的あるいはそれに類する取り組みに活用している団体を紹介する展示」も行なうことになりました。

その枠内で、とまこまいフリースクール検討委員会&こどもかけはしネットワークに各種イラストを提供いただいている磯崎さんのイラストを出典できることになりました。磯崎さんについてはご自身でブログにアップしてくれていますので、そちらを参照してみてください。

はじめてのブログ執筆http://www.kokanet.org/archives/371

合わせて、とまこまいフリースクール検討委員会についても展覧会の中で軽く紹介される予定です(メインはあくまでイラストですので)。

他の展示団体として、札幌の「漫画イラスト教室ぽわぽわ」さん、江別の「合同会社ふぁーまぁと農夢」さんのイラストが展示されます。

「漫画イラスト教室ぽわぽわ」ブログhttp://takomasinngann.blog.fc2.com/

「合同会社ふぁーまぁと農夢」ホームページhttp://otaku-farmer.com/

「ぽわぽわ」は元プロのギャグ漫画家である浦本直見さんが運営するマンガ・イラスト教室。生徒さんの中には学校が苦手な子もいるとのことで、不登校気味のお子さんの居場所にもなっています。

「ふぁーまぁと農夢」の代表社員である「おたま」さんは以前勤めていた会社を辞めた後、育てた野菜を乾燥野菜として販売する合同会社を立ち上げました。乾燥野菜のラベルにアニメ系イラストを使うことで、アニメ・マンガ好きな若者に野菜を食べてもらおうと考えていたら、むしろ高齢者の皆さんにアニメイラストが浸透していったのだそうです。

こうしたユニークな取り組みをしている団体のイラストが多数展示されます。もちろんアニメパーティ枠の純粋なイラストもたくさん展示。文学館内の無料スペースでの展示になりますので気楽に来ていただける形になっています。しかも全ての展示が写真撮影OK

苫小牧からはちょっと遠いですが、期間内はシルバーウィークもありますし、小樽の観光がてら立ち寄っていただければ。もちろん小樽・札幌含め道内各地から来ていただけると嬉しいです。

苫小牧でも同系列のイベント『とまこまいコスプレフェスタ』http://tomakomai-cos-fes.com/)が開催されることになっていて、その開催日が11月7日・8日。小樽文学館での展覧会は偶然ではありますが、ちょうど小樽と苫小牧のアニメイベントを繋ぐ日程になっているんですよね。そこに「とまこまいフリースクール検討委員会」が関われるのも、これまた偶然ですが面白いなと思うのです。(藤井)