カテゴリー別アーカイブ: スタッフ

スタッフからの投稿です。

「愛の反射鏡」のお話し

7年ほど前、わたしが札幌の介護施設で働かせてもらっていたときの入居者さんから今もよく電話をもらいます。

職場を離れた後は施設に入所されている方と極力接点は持たないというのが一般的なのかもしれませんが、相手のひとも30代の同じ男性ということもあって若い者同士(?)笑 今でも連絡を取り合っています。

ところが、「いい電話ができたとき」は相手もノリノリで長話になるのですが、「そうでない時」は相手が「ごめん、なんだか具合が悪くなった」と言ってたちまちのうちに電話が終了してしまいます。

相手の方は「ぶんちゃん(わたしのこと)は悪くない、おれが悪いんだから」と言ってくれるのだけど、いやぁこれはぼくに責任あるなぁと毎回思うわけですね。

以前は良い電話とすぐ終わる時の違いがどうも分からなかったのですが、最近、なんとなく自分の心持ちが関係しているような気がしたのでちょっとブログにつづってみようと思います。

というのも、忙しいときや他のことに携わっているときに電話がかかってくると僕の心が相手の気持ちを受け切れない時がよくあって、相手から来た想いをただUターンで返してしまう。「ここから先は通行止めです」みたいな粗末な返答。話をしながらも内心では「昨日も電話したしなぁ。今、ゲームの途中なんだよなぁ、とか。ご飯や仕事の最中なんだよなぁ。」という思いが顔を出してくる。それで「ぼくは~についてはこう思うなぁ」みたいなあごを伸ばした話をついついしてしまう。

でもちょっとでもそういう思いが顔を出したときは必ず相手はそれを察知してすぐ電話が終わってしまいます。

電話が早く終われば、ご飯も食べられるし、仕事や遊ぶ時間も増えるんだけど、やっぱりどうも後ろめたいです・・・。

でも、4、5回に1回くらいの割合で「いい電話ができたとき」もあって。

それは相手を大事に想えて、相手がそれに応えてくれて楽しい電話になって、それを自分も喜べているとき。だったなって。

「愛の反射」というのかわからないけれど、そのあたたかな「まんまるの関係」をちゃんと大事に想えていることを学ぶための機会を今与えてもらっているのかなって思ったりもしています。

 

そう、それで、あっこれ良い言葉だな?って思って「愛 反射」で検索してみたところ・・・。

「愛の反射鏡」のお話し という記事を見つけました。そこに今は亡くなられている北海道旭川市出身の「坂東義教先生」のお話を徳島医療センターの小児科医の先生が紹介されており、大変僭越ではありますが一部抜粋紹介させていただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『愛の反射鏡』のおはなし
坂東先生はユーモアあふれる話しっぷりでスタジオの主婦を笑いの渦に巻き込んだ。こうした講演内容を臨場感にあふれる形で出版されたのが、坂東義教著「坂東先生の教育講座(昭和53年、テレビ朝日)」です。昭和53年10月にこの本を書き終え、それから約1ケ月後の11月15日、講演先の長野県明科町(現・安曇野市)から帰宅途中のタクシー内で意識を失い、間もなく亡くなった(死因は脳出血)。坂東先生の急死に際し、全国津々浦々から多くの要望があり、坂東義教著「続・坂東先生の教育講座(昭和54年、テレビ朝日)」が出版された。
「続・坂東先生の教育講座」の中の坂東孝子さん(奥様)の寄稿文「夫 坂東義教のこと」には、坂東先生が大病をし、医者に見放され退院して、地獄のような日々をなんとか乗り越え、職場復帰ができた経緯が書かれている。その後テレビにも復帰し、人気者になっても、「僕は一度は死んだ体なのだ、だから、あとの人生はもうけものなのだ。あと残り少ないだろう人生を、世のため人のためささげたい」常日頃話していた、とのことです。また、講演の準備で徹夜をする事はしょっ中で、どんな小さな講演でも小さな原稿でも大切にしなければならない、その積み重ねがものを言うのだからと。「僕は決して話の上手い方では無いのだよ、もし良いものがあるとすれば、それは準備の良さなのだ」と、本当に仕事の鬼でした、と書かれています。
坂東義教先生の人となりをある程度知ってほしくて、固苦しい文章が続きましたが、ここから坂東義教著「坂東先生の教育講座(昭和53年、テレビ朝日)」の最初の講座「愛情について」の中で話されている「愛の反射鏡」のお話しです。この「愛の反射鏡」を説明するのに、先生は「愛」という字を分解して、「愛は心をノの字で
受ける」と言われた。例えば、「おかあさん、先生にほめられたんだよ」って子どもさんが言った時に、なにを受け入れるのかというと、つまり “情” を受け入れるんです。ほめられたんだよって言った時に「あらあ、ほめられた」 っ て 、「」の字さえつけておけばいい。そうすればいいのに、九六パーセントのお母さん方はこうくる。「なにをほめられたか言ってごらん」って‐‐‐‐。「こうしてこうしてこうしてほめられたんだよ」「やあー、よく聞けば笑われたんでないの、このばか!」(笑)「おかあちゃーん、マルもらったよお」ってね、こう言った時に、たいがいのお母さんは知の方で反応する。お母さん頭あんまりよすぎて、こっちばっかり。(頭を指す)心のほうを忘れている。で、「やーあ、よく見たら零点じゃないの」(笑)これはね、間違いですねえ。マルもらったよと言った時はね、あの、奥さあん、いちばーんいい方法はね、子どもさんでもお父さんでも、子どもさんがったこと、ご主人がおっしゃったことを、そのまんま繰り返せばいいんです。「おかあちゃん、マルもらったよ」ったら、「あらあ、マルもらった」そうすれば情に反応することになるんですよ。この情に反応するお母さんはたった四パーセントしかいない。「おかあちゃーん、マルもらったよ」ったら、「あらあ、マルもらった
」と言うと、「うん、今度ボク、もっとたくさんもらう」って。(中略)反射の鏡といいますのは、
お父さんのった言葉とおんなじ言葉をって、お父さんのつかれたなあっていう、そういう顔つきも同じになって。ね。それでおんなじ気持ちになってやるのが、本当に理解のある奥さん。そうすれば「おまえはやさしいなあ」って。(原文のまま引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂東 義教(1927年~1978年11月15日)先生
北海道独特の訛りに津軽弁も織り交ぜ、話にユーモアを交えた内容が多く、当時、多くの教育番組へ出演された。

 

 

不登校 子ミュニティ Baobab(バオバブ)

スタッフ:いそざき

Google mapで地球を見てみたよ。

グーグルマップで間違って操作して超縮小したら、宇宙飛行士気分を味わってしまった。いやぁ、すごい。そのうち星間旅行気分も味わえるかもしれない。
と、宇宙飛行士気分もそこそこに、日本に舞い戻った自分ですが、せっかくなので沖縄に寄ってみる。いやぁ、すごい。(笑)
でも、グーグルマップでほしかったのは、我が家の敷地にある廃業したボロアパートの画像。気持ちは一気に現実に引き戻されたわけですが、実はそれを加工して作りたかったものがあったんです。
それがこれです。

yamamotosou1a2
実はこれ、「学校」のイメージです。
まだまだ問題山積みなんですが、こんな学校を作りたいなと思っています。
二階は広い学習・図書のフリースペースで、一階は技術図工・家庭・料理のフロア。
近くにビニールハウスなどで作物をつくれる場所も確保して産地直売も。採れたての野菜を学校で料理して昼食にしたり。近所のスーパーで職場体験もしてみたり。
楽器を奏でてみたり。歌をうたってみたり。思いっきり遊んでみたり。小屋や道具を自分たちで作ったり。
たまに教科書ひらいてみたり。(笑)

なんて、まだ夢ですけれど。

それはさておき、Google mapをみて思ったことは、北海道はこんなに広くて緑や畑が多いのに、僕らはすごく小さな都会の上に生きているということでした。

ここに依存症に関して興味深い記事があります。
https://headlines.yahoo.co.jp/ted?a=20150826-00002299-ted&utm_source=taboola&utm_medium=exchange
(ジョハン・ハリさん: 「依存症」―間違いだらけの常識 TED  Yahoo ニュース)

自分なりの要約ですが、
・人間の何かに対する依存性は、ひとや社会との関係性、繋がりが希薄なほど強く現れる。
・狭い「オリ」の内側では、その依存性が強くなる。

この記事は引きこもり、不登校、ゲーム、スマホ、ネット依存など、わたしたちの抱えている社会問題に対して、1つの見方を提示してくれているように思えました。

残念ながら、私たちの生きている都会ではのびのびと、自由に活動できる場がどんどん少なくなってしまっています。
子どもたちが楽器を吹くことも、歌をうたうことも、料理の実験をしてみることも、小屋や秘密基地を作ったりすることも、気ままにできません。
少しは学校や部活でできる部分もあるけれど、公園で遊ぶことに関してもかなり規制されてきています。
学校に行けない子はどうでしょう。
家の中に居るだけではもっと世界は狭まるし、やりたいことがあっても近所迷惑になるからと言われたりして、きっと親が許してくれないでしょう。

子ども達はいずれは何かしらの仕事に就くと思うのですが、子ども達の将来に対する夢や希望は、ジョハン・ハリさんの言う「依存」ではなく、「繋がり」から生まれてほしいと思うし、きっと何かへの「依存」が強いオリの中にいるような状態では、やりたい仕事とか夢とか希望っていわれても、特に思い浮かばないというのが当たり前なのかもしれませんよね。

今年の春から、苫小牧市内において、子ども達(不登校や引きこもりでいる子を中心に)が畑作りや自然の中で遊んだり思いっきり活動できる場をつくろうという支援活動が行われています。
もうじきオープンとのことです。
苫小牧でもこういう場所が出来るのかぁ~っと。不登校や引きこもりを経験してきた自分としても、とても楽しみです。
「こども村」のHPはこちらです⇒URL: https://kodomomura.amebaownd.com/
気が向いたら、たまにぼくも行ってみようかな。
近くに小さな川もながれているみたいです。
魚がいるかな? 何か釣れるかな?

いろんな楽しみが待っているかもねb

 

僕も「学校をつくる」っていう自分の夢の方を実現できるようにがんばってみたいと思っています。

出来ることのためにがんばる。正直、それ自体がすごく楽しさに溢れているんですよね。(笑)

 

では、長くなってしまったのでそろそろ終わりにしようと思います。では最後にひとことだけ。

もし地球が大きな「田んぼ」だとしたら
クジラは大きな「おたまじゃくし」だな──b

・・・!

それではまたの機会を!笑

不登校 子ミュニティ Baobab
スタッフ:いそざき

ひきこもりの気づき。

自分が、お子さんが、ひきこもりの状態にある方。または過去にそうであった方。
元ひきこもりだったわたしがやっといま気づいたことを1つだけ伝えたいと思います。
それは「君はすごい。とてもすごい。」ということ──。

ひきこもりの原因って、そのひとの内側に持っているものがそのひとに強い影響を与えているから起こるもので、そのひと自身の本質がひきこもりというわけではないんです。
今、暗いのはその影響の所為で、子どもの頃はもっと明るくはしゃいでいたはずですから。だから「ひきこもり=そのひと」というわけではありません。
ひきこもりが内側に抱えている原因はハチにさされた所のように、バンバンに腫れあがってしまったようなものです。だから、なんであいつは笑えないんだろうとか、なんかあいつは暗いなって思われても仕方ない。
骨折した痛みに耐えているような状態で笑顔になれっていわれても無理があるんだもの。

そのひとが望もうと、望むまいと、ひきこもりの「腫れ」はそのひとの内側にあって、その炎症が強いので「受け入れる」という状態ではなくなってしまい、結局、その部分は他を排除するという働きになってしまいます。
きっと誰にだって同じものがあるのかもしれないですが、腫れが強くその影響を受けている状態にあると、ひとと不調和になったり、ひとを避け、ひきこもるといったことになってしまいます。

だから「君が悪いわけじゃない。」
そう思うんです。

お弁当を学校に置き忘れて中身が腐ってしまったとして、それは弁当箱ではなく中身の問題だけど、その悪評はその弁当箱も被ってしまう。それと似ています。
ちょっと困りものですね。自分が悪いわけではないのに。
出来ることなら、自分の外に追い出してやりたいものです。

わたしもいろいろと試してみたのだけれど、残念ながらひとの場合、お弁当のように中身だけ新しいものに変えることは難しい。もしかしたら出来ないのかもしれません。

でも、1つだけ気づいたことがありました。
それは、僕は決して望んだわけではないけれど、誰もが拒絶したがるこの「ひきこもりの原因」を長い間ずっと自分の内側に受け入れ、包み込んできていた。という事実。

その人間性というか、包含者というか。
たしかにその影響によって、周りから悪評も受けてきたし、辛い目にも遭ってきたけれど。仕方なくても受け入れていたのは、やっぱり本当の自分自身の人間性(人格)なんだなと思えました。

ひきこもりだけに限らず、誰もが拒絶したがるような状況は、自分の身の回りにもたくさんあります。
けれど、それを望もうと望むまいと、その状況を受け入れ包み込んできたのは、あなた自身であり、温かく明るい優しいあなたの本質だと思う。

だから伝えたい。
「君はすごい。とてもすごい。」ということを。

 

不登校 子ミュニティ Baobab    スタッフ:いそざき

1 / 25≫|